フチの貼り替え

By | 2017.12.25

バックバッグの外側のフチの部分は、特にすり減りやすい部分です。フチの部分だけを貼り替えることが可能です。フチの部分だけ違う素材を貼ると目立ちますが、バッグ修理の専門業者は同じ素材で貼り替えた後に、染め直しという技術で同じ色にしますから、違和感なくフチだけ貼り替えることができるようです

バッグの底の形は、バッグの種類により異なっています。フチの部分がすり減りやすいバッグは、床にじかに置く機会の多い、ボストンバッグやマザーズバッグなどです。こういったバックの中には重たいものを入れることも多く、よりすり減りやすくなります。また、バッグの底の部分全体が、薄くすり減ることもありえます。その場合は、バックの内側を補強することもできるようです。バッグの底の部分を貼り替える際には、補強する素材を丈夫なものにしておくと長持ちするでしょう。

バッグ以外に専門業者は、 同じ技術でお財布などのすり減ったフチの修理も行っているということです。バッグのフチの貼り替えをするついでに、お財布も直してもらえるでしょう。バッグと財布を同じブランドのものでそろえている人も少なくありません。専門業者に依頼すると、バッグと財布を同時に直してもらえます。